YAMAGAMI Tatsuya's website
研究業績(2017年4月1日更新)

1.学術論文

20) 山神達也2017.和歌山県における通勤圏と行政サービスの管轄域との関係―実質地域としての通勤圏に関する一考察―、『学芸』(和歌山大学学芸学会)63、107-112頁. NEW!

19) 山神達也2017.2010年の近畿地方における通勤流動の基礎的検討―都市圏設定基準の再検討に向けて―、『和歌山大学教育学部紀要:人文科学』67、81-90頁. NEW!

18) 山神達也2016.通勤流動に着目した和歌山県下の機能地域の抽出―2010年の国勢調査の結果をもとに―、『学芸』(和歌山大学学芸学会)62、127-134頁.

17) 山神達也・柴田陽一2015.関西圏に位置する大学における地理認識調査の報告―学力の差からみる地理教育の課題―、『学芸』(和歌山大学学芸学会)61、45-54頁.

16) YAMAGAMI Tatsuya 2015. Urban shrinkage of the Keihanshin metropolitan area in Japan: changes in population distribution and commuting flows. In Urban Geography of Post-Growth Society, eds Hino,M. and Tsutsumi, J., 45-59. Sendai: Tohoku University Press.

15) 山神達也・藤井正2015.人口と通勤からみる京阪神大都市圏の空間構造の変化、『変わりゆく日本の大都市圏―ポスト成長社会における都市のかたち―』(日野正輝・香川貴志編、ナカニシヤ出版)、25-39頁.

14) 山神達也・柴田陽一2014.関西圏の4大学における地理認識調査の報告―地名と位置の関連付けからみる地理教育の課題―、『学芸』(和歌山大学学芸学会)60、69-76頁. ⇒KURENAI 京都大学学術リポジトリ

13) 山神達也2013.京阪神大都市圏の空間的縮小に関する一試論―通勤流動と人口密度分布の分析をもとに―、『都市地理学』8、40-51頁. ⇒本文PDF

12) 郭 凱泓・山神達也2013.神戸市中央区におけるホテル立地の空間分析、『和歌山大学教育学部紀要:人文科学』63、57‐67頁.
⇒和歌山大学学術リポジトリ

11) 山神達也2012.地形図と空中写真からみる東舞鶴の景観変遷、『軍港都市史研究U 景観編』(上杉和央編、清文堂)、131-165頁.

10) 山神達也2012.大正軍縮期前後の中舞鶴・新舞鶴、『軍港都市史研究U 景観編』(同上)、237-273頁.

9) 山神達也2010.近代以降の舞鶴の人口、『軍港都市史研究T 舞鶴編』(坂根嘉弘編、清文堂)、299-341頁.

8) 山神達也2008.学界展望(2007年1〜12月)―人口―、『人文地理』60-3、254-255頁.

7) 山神達也2007.1995年以降の舞鶴市における人口の変化とその地区間格差―年齢構成の変化を中心として―、『立命館地理学』19、69-81頁. ⇒R-Cube 立命館学術成果リポジトリ

6) 山神達也2006.大都市圏スケールにおけるニューリングモデルの適用―東京と大阪を事例として―、『立命館地理学』18、1-15頁. ⇒R-Cube 立命館学術成果リポジトリ

5) 山神達也2006.日本における都市圏の人口規模と都市圏内の人口分布の変動との関係―郊外の多様性に着目した分析―、『人文地理』58-1、56-72頁.

4) 山神達也2003.都市圏の人口規模からみた人口分布の変動過程、『人口学研究』33、73-83頁. ⇒CiNii

3) 山神達也2003.日本の大都市圏における人口増加の時空間構造、『地理学評論』76-4、187-210頁. ⇒J-STAGE

2) 山神達也2001.わが国の3大都市圏における人口密度分布の変化―展開クラークモデルによる分析―、『人文地理』53-6、509-531頁. ⇒J-STAGE

1) 山神達也1999.わが国における人口分布の変動とその日米比較、『人文地理』51-5、511-528頁. ⇒J-STAGE


※学位論文(未刊行)※

3) 山神達也2003.都市圏の人口動態に関する地理学的研究、博士論文(京都大学). ⇒要旨:KURENAI 京都大学学術情報リポジトリ

2) 山神達也2001.わが国の大都市圏における人口分布に関する地理学的研究、修士論文(京都大学大学院文学研究科).

1) 山神達也1998.九州地方における都市化の分析、卒業論文(京都大学文学部).



2.解説・コラムなど

8) 山神達也2014.都市化と都市圏形成、『よくわかる都市地理学』(藤井 正・神谷浩夫編、ミネルヴァ書房)、102-104頁.

7) 山神達也2014.国勢調査の都市把握、『よくわかる都市地理学』(同上)、105頁.

6) 山神達也2013.都市圏、『人文地理学事典』(人文地理学会編、丸善出版)、350-351頁.

5) YAMAGAMI Tatsuya 2013, Spatial structure of the Keihanshin metropolitan area. in Japanese urban geographer's group eds. "Experiencing an urban network in Keihanshin Metropolitan Area", Excursion Guide distributed at Scientific excursion of IGU Urban geography Commission, IGU 2013 Kyoto Regional Conference, Kyoto, Japan, August 2013.

4) 山神達也2012.舞鶴における近代化遺産、『軍港都市史研究U 景観編』(上杉和央編、清文堂)、274-279頁.

3) 山神達也2011.都市内の人口分布、『地域と人口からみる日本の姿』(石川義孝・井上孝・田原裕子編、古今書院)、84-90頁.

2) 山神達也2010.旧加佐郡における市町村合併、『軍港都市史研究T 舞鶴編』(同)、342-348頁.

1) 山神達也2010.地形図にみる舞鶴軍港、『軍港都市史研究T 舞鶴編』(坂根嘉弘編、清文堂)、84-90頁.



3.報告・シンポジウム記事など

9) 北山文音・竹内宥介・寺上和志・山田悠太・島津俊之・山神達也2017.高野町を対象としたフィールドワークの実践―2016年度「地域環境論野外実習」の報告―、『学芸』(和歌山大学学芸学会)63、113-116頁. NEW!

8) 植田誉大・宇治田弘昭・岡本拓巳・小山敬史・浜端佑記・島津俊之・山神達也2016.白浜町を対象としたフィールドワークの実践―2015年度「地域環境論野外実習」の報告―、『学芸』(和歌山大学学芸学会)62、63-68頁.

7) 山神達也2015.<参加記>誰が景観をつくるのか (小特集 公開シンポジウム「森田庄兵衛の新和歌浦開発事業」)、『紀州経済史文化史研究所紀要』36、15頁.

6) 植田貴恵・田中大亮・的場尚也・朱澤川・島津俊之・」山神達也2015.御坊市を対象としたフィールドワークの実践―2014年度「地域環境論野外実習」の報告―、『学芸』(和歌山大学学芸学会)61、145-150頁.

5) 大城和輝・杉田啓輔・M田航一・久井健史・平山良太・封 芸卿・村中章彦・朱 澤川・麻 志浩・李 雨桐・島津俊之・山神達也2014.大津市とその周辺地域を対象としたフィールドワークの実践―2013年度「地域環境論野外実習」の報告―、『学芸』(和歌山大学学芸学会)60、53-61頁.

4) 足立翔太・古山 揚・津田陽介・寺下周兵・村上 亘・島津俊之・山神達也2013.姫路市を対象としたフィールドワークの実践―2012年度「地域環境論野外実習」の報告―、『学芸』(和歌山大学学芸学会)59、135-140頁.

3) 山神達也・藤井 正2012.人口と通勤流動の変化からみた京阪神大都市圏の空間構造の変化(日本地理学会2012 年秋季学術大会シンポジウム「脱成長社会の日本の三大都市圏の変容」、『E-Journal GEO』7-2、276-280頁). ⇒J-STAGE

2) 人文地理学会都市圏研究部会2012.巡検記録(第44回都市圏研究部会)、『人文地理』64-5、464-465頁.

1) 山神達也2012.大正軍縮期前後の中舞鶴・新舞鶴―人口を中心とする比較分析(日本地理学会2011年秋季学術大会シンポジウム「「軍港都市」の近現代―社会・文化・経済の連続と非連続―」、『E-Journal GEO』7-1、103-108頁). ⇒J-STAGE



4.学会発表(< >は要旨の掲載箇所を示しています)

25) 山神達也、2010年の近畿地方における通勤流動の基礎的検討、2017年日本地理学会春季学術大会、筑波大学、2017年3月28・29日.<『日本地理学会発表要旨集』91、2017、340頁> NEW!

24) 山神達也、和歌山県における通勤圏と行政上の管轄区域との関係、2016年日本地理学会秋季学術大会、東北大学、2016年9月30日・10月1日.<『日本地理学会発表要旨集』90、2016、152頁> NEW!

23) 山神達也、京阪神大都市圏における通勤パターンの変化、人文地理学会都市圏研究部会第50回研究会・経済地理学会関西支部5月例会(共催)、神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ、2014年5月17日.<『人文地理』66-4、2014、75-79頁>

22) YAMAGAMI Tatsuya, Preliminary analyses on the spatial shrinking of Keihanshin metropolitan area: based on the commuting flows and the population redistribution. IGU 2013 Kyoto Regional Conference, Kyoto International Conference Center, Kyoto, Japan, 07 August 2013.

21) 郭 凱泓・山神達也、神戸市中央区におけるホテル立地の空間分析、2012年人文地理学会大会、立命館大学、2012年11月18日.<『2012年人文地理学会大会研究発表要旨』、2012、130-131頁>

20) 山神達也、日本の大都市圏は縮小しているのか? ―京阪神大都市圏を事例として―、人文地理学会都市圏研究部会第45回研究会(2012年人文地理学会大会・研究部会アワー)、立命館大学、2012年11月17日.<『人文地理』65-1、2013、89-90頁>

19) 山神達也・藤井 正、人口と通勤流動の変化からみた京阪神大都市圏の空間構造の変化、日本地理学会2012年秋季学術大会、公開シンポジウム「脱成長社会の日本の三大都市圏の変容」、神戸大学、2012年10月7日.<『日本地理学会発表要旨集』82、2012、18頁>

18) 山神達也、大正軍縮期前後の中舞鶴・新舞鶴―人口を中心とする比較分析、日本地理学会2011年秋季学術大会、シンポジウム「「軍港都市」の近現代:社会・文化・経済の連続と非連続」、大分大学、2011年9月24日.<『日本地理学会発表要旨集』80、2011、29頁>

17) 山神達也、2000年以降の京都府における市区町村人口の変動過程―人口の自然増加と社会増加を用いた類型化による分析―、2010年人文地理学会大会、奈良教育大学、2010年11月21日.<『2010年人文地理学会大会研究発表要旨』、2010、82-83頁>

16) 山神達也、人口からみる近代の舞鶴―鎮守府設置直前期から第2次世界大戦終了直後まで―、2009年人文地理学会大会、名古屋大学、2009年11月8日.<『2009年人文地理学会大会研究発表要旨』、2009、124-125頁>

15) 山神達也、都道府県人口の変化と自然増加・社会増加との関係、2009年日本地理学会秋季学術大会、琉球大学、2009年10月24日・25日.<『日本地理学会発表要旨集』76、2009、166頁>

14) 山神達也、近年の近畿地方における市区町村人口の変動過程―自然動態と社会動態との関係を中心として、人文地理学会第32回都市圏研究部会、キャンパスプラザ京都、2009年9月12日.<『人文地理』61-5、2009、462-463頁>

13) 山神達也・矢野桂司、Geodemographicsからみた日本の教育格差―高校生の居住地の地区類型と教育達成度との関係―、2008年日本地理学会春季学術大会、獨協大学、2008年3月29日・30日.<『日本地理学会発表要旨集』73、2008、272頁>

12) 山神達也・矢野桂司、Geodemographicsからみた日本における教育の地域間格差―高校の所在地と高校生の居住地のデータをもとに―、日本人口学会2007年度関西部会研究会、キャンパスプラザ京都、2007年11月24日.<『人口学研究』42、2008、82頁>

11) 山神達也、舞鶴市内部における人口増加の地区間格差、日本人口学会第59回大会、テーマセッション2「小地域統計と地域人口学T」、島根大学、2007年6月10日.<『日本人口学会第59回大会報告要旨集』、2007、34-35頁>

10) 山神達也、舞鶴市の居住地域構造─年齢別居住パターンを中心に─、2006年度人文地理学会大会、近畿大学、2006年11月11日.<『2006年度人文地理学会大会研究発表要旨集』、2006、148-149頁>

9) 山神達也、ニューリングモデルによる大都市圏の人口密度の分析、日本地理学会2006年春季学術大会、埼玉大学、2006年3月29日.<『日本地理学会発表要旨集』69、2006、69頁>

8) 山神達也、舞鶴市の人口特性とその変化―軍港都市の変遷過程の一断面―、2005年度人文地理学会大会、九州大学、2005年11月13日.<『2005年度人文地理学会大会研究発表要旨』、2005、166-167頁>

7) 山神達也、人口減少期における都市圏の空間構造の変容、日本人口学会第57回大会、テーマセッション1「地域からみた人口減少時代」、神戸大学、2005年6月4日.<『日本人口学会第57回大会報告要旨集』、2005、28-29頁>

6) YAMAGAMI Tatsuya and ISHIKAWA Yoshitaka, Spatio-temporal structure of the population growth in the major metropolitan areas in Japan. 99th Annual Meeting of the Association of American Geographers, New Orleans, LA, United States, March, 2003.

5) 山神達也、日本の大都市圏における人口増加の時空間構造、第16回応用地域学会研究発表大会、岡山大学、2002年12月1日.

4) 山神達也、都市圏の人口規模別にみた人口郊外化過程の差、2002年度人文地理学会大会、お茶の水女子大学、2002年11月17日.<『2002年度人文地理学会大会研究発表要旨』、2002、48-49頁>

3) 山神達也、日本の大都市圏における人口増加の時空間構造、2001年度日本地理学会秋季学術大会、秋田大学、2001年9月29日.<『日本地理学会発表要旨集』60、2001、114頁>

2) 山神達也、わが国の3大都市圏における人口密度分布の変化:展開クラークモデルによる分析、京都大学経済研究所Urban Economics Workshop、京都大学経済研究所、2001年9月14日.

1) 山神達也、わが国の3大都市圏における人口密度分布の変化、人文地理学会「経済・都市地理研究部会」第87回集会、キャンパスプラザ京都、2001年5月12日.<『人文地理』53-5、2001、92頁>



5.講演など

5) 冨永哲雄・山神達也、外国人宿泊数が42万人台!! なぜ、今、民泊なのか、(ゲストスピーカー:冨永哲雄、ホスト:山神達也)、2016年第4回ワダイノカフェ(和歌山市・和歌山大学地域連携推進協議会)、ゲストハウスmacomo、2016年9月6日. NEW!

4) 山神達也、身近なところに歴史を「発見」する、第12回歴史かふぇ(和歌山大学まちかどサテライト/和歌山市・和歌山大学地域連携推進協議会)、サンネンザカ モカ、2014年12月5日.

3) 山神達也、大阪大都市圏における人口動態の傾向について、「豊中市における人口の変化と市政への影響」研究グループ研修、とよなか都市創造研究所、2013年9月13日.

2) 山神達也、私の院生時代の生活と研究の進め方、奈良女子大学FD部会研究交流集会「うちの大学院」、奈良女子大学、2006年2月17日.

1) 山神達也、都市圏内市町村における人口と住民構成の変化―都市圏の人口規模別による分析―、京都大学文学部地理学教室2003年度地理学談話会講演会、京都大学、2003年11月1日(『京都大学地理学談話会会報』15、8-10、2004).



6.研究助成金

◆代表のもの
A.科学研究費補助金
 3) 若手研究(B)、平成26年度〜平成28年度、研究代表者(個人研究)
   『平成の大合併前後での都市圏設定の差異及び都市圏の構造変容に関する地理学研究』

 2) 若手研究(B)、平成21年度〜平成23年度、研究代表者(個人研究)
   『人口減少期突入前の日本における地域人口の動向に関する地理学的研究』

 1) 特別研究員奨励費、平成17年度〜平成19年度、研究代表者(個人研究)
   『人口停滞・減少期に向けたわが国の都市圏の人口動態に関する包括的研究』

◆代表ではないもの
A.科学研究費補助金
 3) 基盤研究(B) (一般)、平成28年度〜平成31年度、研究分担者
   『田園回帰による農山村空間の変容実態に基づく日本型ネオ内発的発展モデルの構築』
   研究組織:筒井一伸(鳥取大学地域学部)を代表として5名で組織。

 2) 基盤研究(A)(一般)、平成24年度〜平成27年度、研究分担者(平成25年度から参加)
   『持続可能な都市空間の形成に向けた都市地理学の再構築』
   研究組織:日野正輝(東北大学理学部)を代表として40名前後の分担者で組織。

 1) 基盤研究(B)(一般)、平成23年度〜平成25年度、連携研究者
   『言語と物質性からみた地理的モダニティの構築に関する地理学史的研究』
   研究組織:島津俊之(和歌山大学教育学部)を代表として、分担者7名、連携研究者9名で組織。

B.その他助成金
 3) 三菱財団 人文科学研究助成、平成22年度、協同研究者
   『軍港都市の形成・変遷についての地理学的総合調査研究』
   研究組織:上杉和央(京都府立大学文学部)を代表として7名で組織。

 2) 財団法人福武学術文化振興財団 地理学研究助成、平成20年度、共同研究者
   『都市景観の中の近代化遺産―軍港都市を対象とした保全と継承に関する基礎的研究―』
   研究組織:村中亮夫(立命館大学文学部)を代表として6名で組織。

 1) 平成17年度舞鶴工業高等専門学校重点研究、平成17年度、研究協力者
   『舞鶴近現代史研究―軍港都市の変遷と地域社会―』
   研究組織:三川譲二(舞鶴工業高等専門学校)を代表者として分担者4名、研究協力者1名で組織。


トップページ プロフィール 研究業績 研究の紹介 ブログ(写真集)